2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
 
【みんなで投票】あなたが一番よく飲むコーヒーはどれですか?
 
レギュラーコーヒー
インスタントコーヒー
ドリップコーヒー
 
  • 友だち追加
  •  

    オーストラリア 30%ブレンド 100g

    オーストラリア 30%ブレンド 100g オーストラリア 30%ブレンド 100g オーストラリア 30%ブレンド 100g
    オーストラリア 30%ブレンド 100g オーストラリア 30%ブレンド 100g オーストラリア 30%ブレンド 100g

    商品名 : オーストラリア 30%ブレンド 100g

    商品コード : MMM1110

    価格 : 648円(税込)

    ショップポイント : 6

    数量 :



     お買上金額合計5000以上は配送料無料

    オーストラリアコーヒー30%のブレンドです。
    SKYBURY農園はオーストラリアでも最も古い歴史を持つ国内最大級の生産業者です。オーストラリアの北東部は熱帯から亜熱帯への移行部分にあたり、気候が安定しているためコーヒー生産に大変適しています。ハワイコナに並ぶ、先進国が生産した高品質なコーヒーです。

    <カップテスターのコメント>
    豊かな香りとしっかりとしたコクが特徴です。
     


    ※200g以上ご購入の方は100g用か200g用の袋をお選び頂けます。
    100g単位の販売となりますので数量は100g×個数で数量をお入れください。
    (例:200g購入したい場合→数量を2にし、200g用袋をお選びの場合は200g入った袋が1個届きます。100g用袋をお選びの場合は100g入った袋が2個届きます。)
     

    【挽き方】 抽出器具に合わせて、豆の挽き方をお好みでお選びいただけます。

    〈 極細挽き 〉
    エスプレッソメーカー、マキネッタ
     
    〈 中挽き 〉
    ペーパードリップ、ネルドリップ
     
    〈 細挽き 〉
    ペーパードリップ、サイフォン
     
    〈 粗挽き 〉
    パーコレーター
     
    〈 中細挽き 〉
    ペーパードリップ、ネルドリップ、コーヒーメーカー
     
    ※挽きを希望されない方は「豆のまま」を選択してください。

    【 数 量 】100g 単位でのご注文が可能です。
    【 袋分け 】100g または200g に分けて袋詰めいたします。
    【 真空について 】発送の際は真空せず、内部のガスが外部に放出され外部の空気は袋内に入り込まないワンウェイバルブを付けた袋で出荷いたします。



     

    商品説明

    L.E.E.F農法

    オーストラリアのケアンズ市内から車で約一時間半の距離にあるオーストラリア最大の農園は、海抜500m〜600mのなだらかな丘陵地で約90haを有します。ここでは独自に提唱するL.E.E.F農法(Leading Edge Environment Farming)により最先端栽培技術を用いながら、環境にやさしい農業を目指しています。


    環境に配慮

    剪定や除草剤散布、収穫は全て大型機械を使い(それも手作りのものが多い)点滴灌漑による給水と同時に施肥も行っています。その水は山からナチュラルウォーターを用い、また環境に配慮して、農薬使用量を極力抑えるために、天敵による防虫も導入しています。


    ハイクオリティー

    収穫されたコーヒーチェリーは農園内の工場で水洗式により精製され、機械乾燥され、選別機にかけ袋詰めされます。苗木栽培から生豆の袋詰めまで全てを農園内で行い、常に高品質の珈琲を栽培しています。


    ブラジルサントス ビックウエスト

    サンパウロ州の東部(モジアナ)地区で産出されるコーヒーです。伝統の風味を守るべき栽培をしているこのエリア産のコーヒーは、ブラジルの中でも高品質で知られ、強い人気を誇っています。上品な酸味と甘味があり、やわらかなボディーを持ち合わせたコーヒーです。


    コロンビア スプレモ エルパライーソ

    年中どこかの地域でコーヒーの収穫が行われている国コロンビア。しかし、農園の多くが傾斜面に位置していることもあり、ほとんどが小規模農家での栽培です。その中で、品質の安定を目的にエリアを限定し、昔ながらの生産・手摘みによる収穫を行っている商品です。


    ブレンド技術

    ブレンドによる香りや風味・味わいの創造は、生産国ごとの違い、精選方法の違いによる変化、標高差や収穫時期の差、焙煎方法、焙煎度合いによる違いなど、そのブレンドを構成するための単品のさまざまなオリジンを知る必要があります。目的のイメージする香味を組み立て、特徴だけを別々に感じるのではなく、それぞれの優れた風味を最大限に活かしつつ、全体がひとつになって奏でるハーモニーとして合わせることがハイクオリティーな商品を作るポイントになります。


    直火焙煎

    生豆に直接炎を当てるため、火加減の調整に繊細さが求められ、煎りムラを抑えるため、豆の色、ハゼ音、そして温度や時間で瞬時に見極める判断力が必要とされます。技術や手間、時間はかかりますが、コーヒーが持っている個性を十分に引き出すことができます。


    オーストラリアコーヒーシリーズ
    オーストラリア マリーバ スカイバレー 100g
    オーストラリア マリーバ スカイバレー 100g
    Mikiya ワンドリップカフェ オーストラリア マリーバスカイバレー
    Mikiya ワンドリップカフェ オーストラリア マリーバスカイバレー